ライフサポートのコンセプト

代表

大学時代に応用科学を専攻していたときから、人の生命を救う手伝いが出来るような仕事に就きたい、と考えていました


製薬会社に就職した当初はその目的に近づいたかに思えましたが、健康食品メーカーへと仕事を変えていくうちに、「会社という組織の中でできることには限りがある・・・」と強く感じるようになりました。

化粧品にしても健康食品にしてもあまりにメーカー目線の商品が多く、人の生命のためというよりは、売上のためであることがほとんどです。

会社の利益になることが必ずしも消費者のためにはならないと実感していくうちに、「自分がやりたいと思うことが出来ないのだったら、独立するしかない」という結論に達し、独立起業に至りました。

「想い」一つで始めた事業 このときの経験や出会いが、今会社の原動力となっています

独立してすぐは個人事業というかたちでスタートしたので、企画から営業まで全部ひとりでやらなければなりませんでした。
独立当初は健康食品の商品企画などをばら売りしながら、スポンサー探しなども同時にこなしていました。
この時期に原料からパッケージ会社、販路まで、製品作りに必要な業者を開拓していく流れの中で、サポートしてくれる企業や個人、ともに苦労してくれる技術者たちと知り合うことができ、会社組織の立ち上げをバックアップしてもらいました。このときの苦労がなかったら、現在のブレーンとは出会うことが出来なかったと思います。










健康と美容のお手伝いをさせてください



化粧品は“植物の中に全て解答がある”


「化学成分の排出というテーマをコンセプトに開発」
100%ノンケミカル、すなわちパラベンなどの防腐剤を含め合成化学成分を基本使用しない、天然成分のみで開発したスキンケア化粧品をコンセプトに開発を続けています。

「赤ちゃんの肌がいちばん理想」という話を聞きますよね。その理想に近づくためにいろいろな化粧品を消費者は使わされています。ですが私は『0歳児によくないものは大人にもよくない』と考えているので、0歳児でも90歳の方でも問題なく使える商品を開発しようというところから、化粧品開発をスタートさせました。

代表講演

ライフサポートの化粧品ラインアップはすべて『合成化学成分の排出を可能とする、門外不出の天然成分レシピ』により、すべてが設計されています。いわば“ナチュラル・デトックス処方”ですね。

誰もが安心して使える化粧品は、私の誇りです。

“クスリより効くサプリメント”を作りたい

㈱ライフサポートを立ち上げる前は、新薬の開発や原料開発、健康食品の開発に携わっていたので、まずその知識と知見を活かしたサプリメントをOEMの受託というかたちで開発していきました。
そしていつしか“クスリよりも効くサプリメントを世に送り出したい”という想いを強くしていきました。
クスリで治せる病には限界がありますが、人体生化学に基づいたレシピでサプリメントを作れば、クスリ以上に治癒に貢献できる可能性があるとわたしは思っています。

効果実感や体感があいまいだからサプリメントが長続きしないという声をよく聞きますが、わたしが企画する商品は実感していただけるものが多いです。
視力が良くなった、白髪が減った、体の調子が良くなったなど1週間以内には効果を実感していただけます。体感していただける商品でないと健康食品は難しいと考えますね。

毎日続けられるように「自分で感じる」これが一番大事だと思ってます。

皆様の生活が豊かにになるためのサポートをこれからも使命として動き続けていきます。
健康美容EXPOに代表インタビューが掲載されております