ライフサポートのコンセプト

代表

消費者の声に本当の意味で応える商品を開発したい

大学時代に応用科学を専攻していたときから、人の生命を救う手伝いが出来るような仕事に就きたい、と考えていました。製薬会社に就職した当初はその目的に近づいたかに思えましたが、健康食品メーカーへと仕事を変えていくうちに、「会社という組織の中でできることには限りがある・・・」と強く感じるようになりました。

化粧品にしても健康食品にしてもあまりにメーカー目線の商品が多く、人の生命のためというよりは、売上のためであることがほとんどです。会社の利益になることが必ずしも消費者のためにはならないと実感していくうちに、「自分がやりたいと思うことが出来ないのだったら、独立するしかない」という結論に達し、独立起業に至りました。

「想い」一つで始めた事業 このときの経験や出会いが、今会社の原動力となっています

独立してすぐは個人事業というかたちでスタートしたので、企画から営業まで全部ひとりでやらなければなりませんでした。独立当初は健康食品の商品企画などをばら売りしながら、スポンサー探しなども同時にこなしていました。

この時期に原料からパッケージ会社、販路まで、製品作りに必要な業者を開拓していく流れの中で、サポートしてくれる企業や個人、ともに苦労してくれる技術者たちと知り合うことができ、会社組織の立ち上げをバックアップしてもらいました。このときの苦労がなかったら、現在のブレーンとは出会うことが出来なかったと思います。

100人試したら100人全員がすぐに効果を実感できる製品を市場に

消費者の方の声に、本当の意味で応えるような商品開発をしていきたいということを最も大切に考えています。先にも述べましたが、世の中に出回っている商品の多くがメーカー目線で、お客様視点が乏しいものです。

代表講演

弊社の製品は、科学者でもある社長自らが研究を重ねてきた人体生科学を基に商品開発を行い、効果実感が高い消費者目線のサプリメントや化粧品のみをお客様の手元に届けています。飲んで30分後、つけて1日後、100人試したら100人がその効果を実感できるような健康食品や化粧品だけを、世の中に送り出していきたいと考えています。

購入してくださった消費者の方の、生活を豊かにするためのサポート、それが私たちの使命です。

健康美容EXPOに代表インタビューが掲載されております